TOPブログ会長ブログ > カテゴリー アルバムについて

2016.05.25

1冊の卒業アルバムが出来上がるまで

20160531-1

みなさんは、自分の卒業アルバムを何冊持ってらっしゃいますか?

 

幼稚園あるいは保育園、小学校、中学校、高校、大学や短大・専門学校など

最近は、作らないという学校さんもあるので、多くて5冊でしょうか、、

 

その、今お持ちになっている卒業アルバム、

その1冊を仕上げるのに、実はたくさんの人が携わっているのをご存知ですか?

 

まず、子供たちのために、学生たちのためにと、ご父兄や先生方が動かれます

予算を決め、ページ割を決め、アルバムに載せる写真を1枚1枚選ばれます

 

そこからは私たちの出番、

アルバムプランナーは、それぞれのお客様のご希望に沿ったご提案をします

 

次に、デザイナーが動きます。お預かりしたお写真や画像をその園様や学校様の

ご要望に合ったデザインで、全ページのデータを作り上げていきます

 

校了になると、次は印刷部門へ流れていきます

 

データを確認する人

画像の色補正をする人

印刷機にまわして問題がないか最終チェックをする人を通って

印刷の版を作る人にまわります

 

いよいよ印刷です

 

印刷機械を動かす人

仕上がった印刷物を断裁する人

製本工程を担う人

校名など、箔押し担当の人

背表紙をつける人

最後の人は1冊ずつ検品してケースに入れていきます

 

それを学校ごとにまとめ、運送会社の人が配達してくださいます

 

1冊の卒業アルバムが出来上がるまでに

実は、これだけの人が動いているのです

 

ーーー

卒業アルバムはそんなに頻繁に見るものではないですよね

時間が経つにつれて、本棚の隅にあるもの、になってしまいます

 

でも、何十年か先にそのアルバムを開いていただく時がくる、その時も見据え、

私たちはそれぞれの持ち場で、責任ある仕事をさせていただいています

 

簡易なもの、安価なものに流れがちな時代ですが、

50年先にもつながる「卒業アルバム」は、そこに含まれることなく

大切に作らせていただきたいと思っています

 

卒業アルバムは「プライスレス」ですから・・