TOPブログ広報ブログ > 2018 5月

2018.05.30カメラマンの話

若者たちのダンスにかける想い〜part1〜

5月18・19日に大阪オーバルシアターにて開催されました、「no art on」。

広報担当がSNSでもいくつか写真や動画を公開していたようですが、

みなさまご覧いただけましたでしょうか?

 

 

じつは、今回の公演に携わっていたアーティストの方々数名と

裏方で支えていらっしゃったスタッフさんに、ダンスに携わり始めたきっかけ等、

簡単にインタビューをさせていただいたので、2回に分けて公開していきます!

 

 

 

 

 

まずは、京都での練習にも参加させていただきました、

池上たっくん(以下、)、米澤百奈さん(以下、)、柿澤成直(以下、)さん

3名のインタビューです。

 

 

______コンテンポラリーダンスを始めたきっかけは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

)私は出身が神戸で、母が宝塚の世話役とカメラマンをしてて、家にずっと宝塚が流れてたので、宝塚を目指すためバレエから始めたんですね。ただ、宝塚の世界ってすごい厳しくて、歌とか芝居を学ばないといけないことが多くて挫折してしまったんですけど(笑)

その頃は、あまり人としゃべったりするのが得意じゃなかったこともあって、踊りだけを黙々とやってたんですけど、1回中学校くらいでダンスをやめてしまって、それで高校も行きたくないなぁと思ってたんですが、ここしかいかれへん!って言われた学校にダンス部があって。

そこが創作ダンスがすごい強い学校だったので、元々ダンスをやっていたので声をかけられました。

こういう自分たちで振り付けを作ったりするようなスタイルはそこで学んで、そのままずっと続けてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

)僕は、物心着く前から空手をやってたのですが、その空手の道場が潰れてしまい、何をしようかなぁってなってたときに、シンプルに体を動かすことが好きだったのと、自分の高校がすごくダンスで有名な高校だったので、その厳しい場に身を置いきたいなとそこのダンス部に入ったのがきっかけです。
空手もダンスも魅せるという部分で近いものを感じていたので興味を持ったという感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

)僕は大学で和太鼓を始めたんですが、うちの大学の入学式に毎年和太鼓の演奏で祝奏というのがあるんですが、その音を聞いた時に、音の一つ一つが体の心臓の部分に全部こう響き渡ってくる、ぞくぞくってする感じがすごく素晴らしくて。一打だけでそこにいる人たちに、音の振動と感動を一緒に広げられるのがすごく素敵だなと思って、和太鼓を始めました。
そのサークルで4年間続けたのでこのまま卒業後もちょっとやっていこうと続けています。

 

 

_______コンテンポラリーダンスとは?
)コンテンポラリーダンスとは…。まあ僕が今思ってる、「コンテンポラリーダンスとは」自体も常に変わるんだろうなと思いつつ…(笑)いま僕が思ってるのは、高校の創作ダンスから始まって、今コンテンポラリーっていう、まあ表現するダンスっていうのに、行き着いているんですけど、僕自身が表現して踊るっていうことを始めた時にすごい感受性豊かになったのを感じて。人間本来、嬉しかったら喜ぶし、悲しかったら泣くし。
でもその本能的なことはやっていかないとどんどん欠けていったり、人として離れていくと思うんです。

だから今、自分が表現しているのをみんなに共有したい。

この表現している姿を魅せ続けないと、人は人じゃなくなるんじゃないかという感覚で自分の中の使命のような感じで表現し続けています。
僕は結構そういう人間本来の直接的な人と身体みたいなのを題材に踊ってることが多いですね。

 

) 私もちょっとぼんやりした表現になるんですけど、私はダンスをやってる人とか、振付家の数だけ、やり方も見せ方のスタイルがあると思うんです。その人一人一人の、見せ方というか自分なりの言語みたいなのがあって、それが、時代だったり、その時に踊る人でたぶん変わってくるんで、だから曖昧だし、定義がしづらい…。
バレエの世界ってすごく厳しくって、お金の事だったり、先生との相性だったり、バレエ団としてのポジション・ランク・位置づけみたいなものもあったりして。どんなに練習しても、一瞬の出番みたいなときもあるし、決まった演目を踊ってるから、決まった配役にしかならないし…もうあらかじめ歴史があるものって色々すでに決まってるので、それだったらいっそ自分の踊りたいもの自分で作ればいいやんと思って。でもそこから外れても自分の身体にバレエの基礎が染みついてしまってる分、すごい不自由って思う時がありますね…。昔ながらの型が自分を不自由にするっていうか、経験がすごい自分をせばめているっていうか…。

これは最近の一番の課題ですね。

 

 

_______和太鼓奏者とダンスのコラボについて
)僕としても、ダンス作品の時はダンサーで出てたり、和太鼓の作品のときは和太鼓奏者として出てたからコラボ自体が初めてで。
)今まで音源を使って踊っている事が多かったんですが、僕自身最近すごい、”音”っていう物に興味があって。

和太鼓って聞いてると、心臓が「おー!」ってなりますよね。ダンスもきっとそうだし、”表現”っていう部分で、音も同じ共通点があるなと…お互いの”生”っていう部分を共通して作品に出来ないかなって思ったんです。

最初オファーした時には、「この作品の心臓の音をやって欲しい」とお願いしました。

この二人の距離感や心拍音など、そういう物を和太鼓の強い音で、表現できないかと今トライしてるところです。コンテだからこそね。色んな形でやっぱり結ばれて表現できるんじゃないかなーという、希望でもあり、挑戦でもありといった感じです。

 

 

_______活動して苦労する事は?

) 一緒に作り上げることを、ゼロから始めていく時になかなか厳しい環境だなってのはありますね。
振付家は作品を作り上げて、オファーしたダンサーにもギャランティ支払ったりなど、全部負担してるのというのがこの世界の現状なので、現実的に作品を作り上げるという事自体がみんな苦労してるんじゃなかと思います。
ただ、表現するっていう事自体が無くなっちゃったら、もうほんとに人終わるなって思ってるんで(笑)

苦しいけれども続けたいというか、お金だけではないって部分を大事にやっていきたいというのはあります。

 

_______今回の舞台で期待するところは?

)今回集まる振付家やダンサー、音響や照明さんも同世代で、そういう人たちが集まって作品を発表するのは自分を見つめ直すすごいいい機会だなとは思っています。学ぶというより、自分自身がどう周りに発信していけるかということに意味があるかというのはありますね。
ライバル的な良さがだったり、一緒に公演を作る仲間でもあるという刺激をもらえるのも大切だと思っています。やっぱこういう、自分も作品を出して、同じような世界でやってる人達も作品を出してきて、そこでお互い刺激し合あって、一個こう皆でぐっと高めあえるような公演にしたいなという気持ちはあります。

)若い人こそなかなか劇場を借りて公演をやる、新作発表する、みたいなそういう若手の企画ってなかなかなくて、こういうカフェみたいな所でパフォーマンスするのってすごく最近多くなってきてるんです。

ただやっぱり、劇場で見せる良さみたいなのが、あると思っているんですね。照明とか、音の効果だったり…。

そこにお客さんを呼べるかっていうのも、私達次第っていうか、どういう風に、広報していくのかっていうのもそうですし、それでどうやって来てもらえる、どういう人に見てもらえるのか、やっぱりやる人が内々やと見に来る人も内々になってしまうんです、それがどうやったら開けていくのかっていうのは、この公演で考えたい所ではあるんですね、私としては。

私が考えたい事とか、みんなが計画を通して考えたい事って、それぞれにあるので、この機会が今後の若手アーティストだったり、見に来た人が何か新しい事を思いついたりっていう機会になったらすごくいいなと思います。

 

_______ありがとうございました!

 

本番では、稽古でみていた構成とガラリと変わり、

インタビューでもみなさんおっしゃっていましたが、

ダンスの表現というもの正解がないんだなというのを生で感じ、

常に変化し続けるダンスの姿にとても興味深く感じました。

 

 

さて、次回は田村興一郎さん、清水彩加さん、澤田晴香さん、西本春香さん達のインタビューを公開させていただきます。

お楽しみに!

 

2018.05.8広報からのお知らせ

卒業アルバムのオーダー制作費が今なら無料です!

 

 

 

 

 

「卒業アルバムを作りたいけど、どうやってデザインすればいいかわからない…」

「切り貼りやソフトで制作する自信がない…」

「制作時間がなかなかとれない…」

 

こんな悩みをお持ちのみなさまに朗報です!

 

毎年大好評のプロのデザイナーがページをデザインをする

オーダー制作の費用が今だけ無料になる

お得なキャンペーンが始まりました!

 

 

今回のキャンペーンは、20校様限定となります。

 

 

まだアルバムの予算や冊数、ページ数について決まっていない学校様でも

現状についてや、ご要望をお伺いしながら、

プランナーが最適な制作プランをご提案させていただきますので、

このチャンスにぜひ一度お問い合わせください。

 

 

 

 

profile

staff

キューズプラス広報

staff

キューズプラスの
広報担当です
仕事や社内の様子etcを
紹介していきます